総菜管理はAIに。

スーパーの総菜コーナー。仕事帰りによると割引になってラッキー!なんてことがありますね。

惣菜は利益率も高く、スーパーとしてもどんどん作って売っていきたいところです。しかし、いかんせん消費期限は当日なので売れなかった総菜は廃棄ロスとなり、そのロス率は平均10%と他商品(非食品1%、日用品4%)に比べ圧倒的な数値。まさにハイリスク・ハイリターンな商材です。

さらに、人が管理せざるを得ないので売れているものは追加で作るのか、売れ残っているものはどのタイミングで値引きをするのか。惣菜担当者は頭を悩ませているでしょう。

そこで、東急ストア(東京、神奈川を中心に首都圏で展開しているスーパー)は難しい総菜の値引き率の管理をAIが行うシステムの導入を決めました。店内製造を含めた400品の総菜で需要予測や自動発注だけでなく、店舗ごとに値引きシールの割引や貼るタイミングをAIが判断します。

図のように、人の判断によって追加製造やいつ、どれくらい割引するかを決めていたところをAIが担うことにより、廃棄ロス率減少に加え、売れる総菜も逃すことなく販売でき売上アップも期待できます。今まで、AIによる発注や管理は消費期限の比較的長い加工食品など在庫管理がしやすい商品で広まりつつありましたが、データ分析の進歩で精度が上がり総菜といった消費期限が短い商品でもAIが導入可能となりました。このシステムが上手く機能し、スーパーの売り上げに貢献できれば全国的にも広がりを見せていくのではないでしょうか。

ライター H.K