[Python Tips]Python リストチートシート

Pythonの組み込み型・リストの特性や操作についてまとめたチートシートです。

リスト(List)

定義とキャスト(型変換)

リストは[]という記号で表します。要素のデータ型は混在していてもかまいません。
また反復可能なオブジェクトであれば、文字列やバイト列などのコンテナ以外のオブジェクトもリストに変換することができます。

# 空リストの定義
a = [] # a = list()でも可

# リストの定義
a = ['one', 2, 3] # データは違う型のものが混在していても構わない

# キャスト
b = "string"
b = list(b) # 反復可能なオブジェクトならキャスト可能
print(b) # ['s', 't', 'r', 'i', 'n', 'g']

値の参照

要素の参照にはインデックスやスライスを利用します。インデックスとスライスについては下記の記事をご覧ください。
[Python Tips]インデックスとスライスをマスターする

a = ["one", 2, 3]
# インデックス指定(シーケンス)
print(a[0]) # "one"

# スライス指定
print(a[1:3]) # [2, 3]

# 変更可能(ミュータブル)
a[0] = 1
print(a) # [1, 2, 3]

# 反復可能(イテラブル)
for x in a:
    print(x, end=" ") # 1 2 3

追加と連結

要素の追加はappend, extendメソッドを用います。
また、連結はextendメソッドを用います。リスト同士は+演算子で連結できるため、+=演算子を用いることもできます。

a = [1, 2, 3]

# 要素の追加(末尾)
b = 4
a.append(b)
print(a) # [1, 2, 3, 4]

# 要素の追加(任意の位置)
c = 2.5
idx = 2
a.insert(idx, c)
print(a) # [1, 2, 2.5, 3, 4]

# 結合
d = [5, 6]
a.extend(d) # a += dでも可
print(a) # [1, 2, 2.5, 3, 4, 5, 6]

要素の削除

要素の削除はdel文やpopメソッド、要素の値をもとに削除するremoveメソッドなどが用いられます。

# delによる削除
a = [0, 1, 2, 3]
del a[0]
print(a) # [1, 2, 3]

a = [0, 1, 2, 3]
del a[1:3]
print(a) # [0, 3]

# スライスによる削除
a = [0, 1, 2, 3]
a[:2] = []
print(a) # [2, 3]

#popメソッドによる削除
a = [0, 1, 2, 3]
e = a.pop() # 末尾の要素を削除し、値を返す
print(e) # 3 
print(a) # [0, 1, 2]

#removeメソッドによる削除
a = [0, 1, 2, 3, 2]
a.remove(2) # 最初に出てきた要素のみを削除。指定した値が存在しなければValueError
print(a) # [0, 1, 3, 2]

# clearメソッドによる全削除
a = [0, 1, 2, 3]
a.clear()
print(a) # [] 

>Python TIPSのほかの記事を読む
>開発者ブログのほかの記事を読む

ライター:H.I