レジャー施設でのご利用ケース

(この記事はAItelefonistaの利用イメージの紹介記事です。紹介したコールフローは架空のものです。)

予約のキャンセルや変更の受付も自動で!

レジャー施設では予約の変更やキャンセル、忘れ物・落とし物等の電話が日々多く鳴り続けます。予約の変更・キャンセルの受付もAItelefoistaでしっかりキャッチできます。

そんなレジャー施設でもAItelefonistaは活用いただけます。

音声ガイダンス
STEP 1
自動応答
「お電話ありがとうございます。こちらは◯◯パークです。」
STEP 2
用件の振り分け
「パーク内の忘れ物・落とし物については0、
ご予約内容の変更及びキャンセルについては1を、
パークへのご質問、その他お問い合わせについては2を押してください。」
ダイヤル入力
[1]
予約変更・キャンセル
[2]
その他のお問い合わせ
[0]
忘れ物・落とし物
STEP 3
用件別の対応
会話シナリオ 「発信音の後に、メッセージをお伝えください。」 「落とし物センターにお繋ぎします。少々お待ちください。」
録音 転送
「予約日をお伝えください。」
「予約氏名をお伝えください。」
「予約のキャンセルまたは変更詳細についてお伝えください」
通知
通知

このようなコールフローを設計すると忘れ物・落とし物の電話は落とし物センターに転送できるほか、営業電話などの不要な電話への対応時間はカットすることができます。
また、会話シナリオを使用することで、予約内容の変更やキャンセル等の連絡は定型の確認が可能で、予約に関する管理業務もスムーズに行うことができます。