自動運転はいつ実現されるの?自動運転のレベルを解説!

AI技術搭載の製品と言えば?というとすぐにイメージするのが自動車という方も多いのではないでしょうか。
とはいえ、まだまだ実用には程遠いし…と思っている方も多いかもしれません。

誤解を恐れずに言うならば、運転自動化システムが搭載された車は既に販売されています。

どこの外国で、どこの富裕層向けにですか?どこの実験都市の話ですか?などと訝しむ必要はありません。
この日本国内で一般向けに販売されています。

早々にネタばらしをしてしまうと運転自動化といえど、手放しで車にただ乗っていたらいいという訳ではありません。
違った言い方をするなら、運転自動化システムではありますが、ADS(自動運転システム)ではありません。

運転自動化自動運転と聞くと同じもののように聞こえますが、これらにも違いがあり、定義があるのです。
では、自動運転はどの段階を指し、いつ実現されるのか。
それを知るために今回は自動運転レベルというものについて解説していきたいと思います。

自動運転レベルとは何か

「自動運転レベル1の技術を…」「自動運転レベル2を採用した自動車が…」などとニュースで言っているのを聞いたことがないでしょうか。
運転は多様なタスクをこなしているため、どの部分まで自動化できるかという基準が定義されています。
緊急ブレーキや高速道路での定速走行、車間距離や車線の維持など部分的な運転タスクを代替する機能も運転自動化技術です。

自動運転レベルはアメリカの「自動車技術会」(SAE)の基準が世界的に主流となっています。
日本語版は公益社団法人「自動車技術会」(JSAE)が発行しており、本記事もそれに即した内容を紹介します。
参考:自動車用運転自動化システムのレベル分類及び定義

レベル0:運転自動化なし

レベル0は人間が全ての運転タスクを行う、これまで通りの運転を指します。
自動運転レベルにおける基点ですね。

レベル1:運転支援

レベル1はアクセル・ブレーキ操作または、ハンドル操作のどちらかが自動化された状態を指します。
緊急ブレーキや前の車の追走などはこれに当てはまります。

レベル2:部分運転自動化

レベル2はアクセル・ブレーキ操作とハンドル操作の両方が自動化された状態を指します。
レベル2までは運転の際に必要な判断や操作の主体は運転者である人間となります。
車線を維持しながら前の車の追走をするなどの機能が当てはまります。

レベル3:条件付き運転自動化

レベル3は限定領域において全ての運転タスクが自動化された状態を指します。
ただし、自動運転システムが何らかの事由で正常に動作しない恐れがある場合においては、利用者が適切に応答し運転の主体となる必要があります。

レベル4:高度運転自動化

レベル4は限定領域において全ての運転タスクが自動化された状態を指します。
運転の主体は常にシステムとなります。

レベル5:完全運転自動化

レベル5は全ての運転タスクを領域を制限することなく自動化した状態を指します。

レベル1~5の技術を運転自動化システム、運転主体がシステムへと置き換わるレベル3~5の技術をADS(自動運転システム)と言い分けられます。

また、国土交通省は「先進安全自動車(ASV)推進検討会」のなかでそれぞれのレベルについて以下のように日本独自の呼称を定義しています。

  • レベル1、2:運転支援車
  • レベル3:条件付自動運転車
  • レベル4:自動運転車
  • レベル5:完全自動運転車

2021年3月4日には世界で初めてレベル3の自動運転機能を搭載したレジェンド ハイブリッドEX Honda SENSING EliteをHONDAが発売。
また、政府は2025年をめどに高速道路を走行する乗用車でレベル4を実現させるとしています。

近未来的に思えた技術がどんどんと現実のものになっていく昨今、自動運転が当たり前になる時代は思っているより近いのかもしれません。

ライター:H.I