電話に出たくない!!AItelefonistaで「固定電話恐怖症」を救おう

電話恐怖症ってなに?

「電話恐怖症」と言う言葉を耳にしたことはないでしょうか。
文字通り電話をかけることや取ることに対し、嫌悪や恐怖を持つ症状のことです。

セゾン自動車火災保険が全国300人を対象に実施した「日々のコミュニケーション手段に関する意識調査」ではおよそ40%の人が電話でのコミュニケーションに苦手意識を持つという結果も出ており、実は電話に苦しんでいる人は多いのです。

スマートフォンの普及と共に、LINEなどのメッセージアプリが生活に馴染んだことで電話の機会自体が大きく減少していることも一因だと考えられています。
若年層の中では電話そのものに強圧的なイメージを持つ人も増えており、自分のペースで応答できるメディアツールを代替的なコミュニケーション手段として選択したいという考えもあります。デジタルネイティブな生産年齢人口割合の増加とともに、電話の利用機会は今後も減少していくのではないでしょうか。

何を隠そう筆者も電話がひどく苦手です。病院の検診の予約の電話をかけるのを数十分単位で躊躇ってみせたり、友人からの着信を出ずに切って「何の用?」とLINEを送ったりするほどに電話そのものに億劫です。電話に拒否感のある若者はおそらく今後も増えていくことでしょう。その中で業務中に作業の手を止めてまで、人が電話に出る必要があるのでしょうか。大事な作業中にかかってくる営業電話なんて堪りません。

1日当たり70円で、電話の鳴らない環境を!

いくら私たちが電話に出たくないと思ったところで、電話で連絡をしたい人が存在する限り、電話窓口をいきなり失くすというのはリスクが大きいですよね。
そこで、AItelefonistaを利用して電話対応を自動化してしまいましょう。

  • 365日24時間対応!
  • 電話に出て用件を聞くのはAIにおまかせ!
  • 着信内容は各種メディアツールに届き、音声も含めて全てログが残るので用件を共有しやすい!
  • 大事な電話だけを選別して対応できるため、営業電話等の対応に時間を割かれない!
  • 応答フローはサービスサイトからいつでも簡単に変更可能!

とこれだけいいこと尽くめなサービスがなんと

月々1980円(税込2178円)から始められます!
しかも、今なら初回契約は翌月末まで無料トライアルが可能です!

無料トライアルについてはこちら


現代はビジネスにおいての電話の在り方が変容していく過渡期ではないでしょうか。
大規模なコールセンターや、機械の扱いなどに不慣れな層を対象にした問い合わせ窓口を除いては、人の出る電話窓口は減っていくのかもしれません。
AItelefonistaの導入によって電話対応業務を省人化・効率化し、電話の鳴らない集中できるオフィスを作りませんか。

(合成音声対応の電話は、心理的ハードルが低く電話恐怖症の筆者としても少しだけ助かります…!)

ライター:H.I